仕事と不労所得のパラレルワーク │ サラリーマン(会社員)から不労所得の構築へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 

 

皆さん、こんにちわ。「幸せ小金持ちぷっちょ」です。

 

こちらの”不労所得を構築する『心得』”では、私が
①非公開ベンチャー株への投資、
②上場バイオベンチャーへの投資、
③専門サイト構築、
の3つの分野で築き上げている不労所得を得るために、前提としてご理解頂きたい事をシェアしています。

 

”不労所得”と聞くと、毎日何もしなくてもお金がチャリンチャリンと入ってくるイメージをお持ちかと思います。

 

このイメージは”結果的”には正しいのですが、そこに至るまでの道のりは、本当に大変で覚悟が要ります。
僕の経験から、不労所得構築は、誰でも出来る事でありながら、実際に構築出来ている人が少数である一番で唯一の理由は、皆さん”五月雨式で圧倒的な『行動』”が出来ていないからだと思います。

 

誰にも確度の高いチャンスがありながら、日々の目の前の生活に窮している理由は、あなたの重い腰を上げられていないからで、腰を上げても単発的な行動にとどまっているからです。

 

私は、後に25倍に跳ね上がる未公開株を購入でき、サラリーマン時代に稼いだ2,000万円の8割を溶かした経験を持ちながらその後バイオベンチャーへの集中投資で5,000万円までリカバリーショットを打ちました(現在は億単位への投資へ挑戦中)。
さらに、私オリジナルの専門サイトを構築して、定期的な不労所得を得ています。

 

この背景に何があったか。それは上でお伝えした、【五月雨式で圧倒的な『行動』】です。

 

こちらの記事では、あなたに「あながた今努力している行動量は圧倒的に少ない」ことに気づいて頂き、さらに「あなたが五月雨式に行動に移すためには何が必要」であるかをシェアしたいと思います。そこには私が経験して得てきたtipsも交えながら、あなたの不労所得構築をサポート出来ればと思っています。

 

 

       ~目次~

1. 努力量が増えると、周りから「元の能力が高い」と勘違いされる
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】

2. あなたが、”まだ努力(行動)不足”な理由
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】

3. 【経験談】『五月雨式』で、『圧倒的』な、行動とは
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】

4. 行動の先にあるものは?
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】

5. 「”五月雨式”×”圧倒的”な行動を習慣に!」するtips
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】

 

 


努力量が増えると、周りから「元の能力が高い」と勘違いされる
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】


 

あなたは、これまで「能力高いね!」とか「才能があるんじゃないの!」とか「先天的なものを持っていたんだね!」など、あなたに備わっている能力について褒められたご経験、少なくとも1回くらいはあるのではないでしょうか。

 

実は、あなたが努力すればした分だけ、もともとあなたに備わっていた”才能”や”能力”と、人は捉えることが多いです。

 

逆の立場でお伝えすると、あなたが周りの優秀な人を見て”彼、彼女は能力があるかなぁ~”と思っているとすれば、それは大きな誤りです。
その彼や彼女はあなた以上に努力を積み重ね、得た条件や地位、名誉であり、そこには先天的な才能はほぼありません。

 

有名なお話で、トーマス・エジソンが「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。」と言いました。
私の経験値からすると、努力の小数点以下にあと2つくらいの『9』が付くのではないかと思っています。

 

私なりの経験談を踏まえて言い換えるとすると、『成功者とは、99.99%の努力の積み重ねと、ほんの少し(0.01%)のひらめきでしかない』、です。

 

そして成功者は、99.99%の努力を積み重ねてようやく、周りからその努力を、”後天的な努力でなく”、”先天的な能力”と勘違いさせることが出来る、と思っています。

 

私がお伝えしているのは、何も”努力を隠して能力であると評価されろ”と言っているのではなく、”周りの天才とか能力があると考えられている人の裏には、99.99%の努力が隠されている”ということを言っています。

 

伊能忠敬もあの時代に正確な日本地図を作製するための努力を考えれば、相当の苦労があったと思います。

 

イチローが長期間全盛期を保っていた裏には、毎日決めたルーティーンを欠かさずこなした膨大な努力が隠されています。

 

あなたの周りに、頭一つとびぬけている人も、隠れて努力し続けています。世の中、そういうもんです。
簡単に成し遂げられた成功者はほんの0.01%です(もっともっと少ないかもしれません)。

 

 


あなたが、”まだ努力(行動)不足”な理由
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】


 

あなた自身も、まだ努力不足、と考えられているのであれば、是非頑張られてください。と、言っても何を?というクエスチョンマークが出ると思います。

 

私の経験上、あなたが努力不足なのは、「努力する対象を誤っている」ケースがほとんどだと思います。
そして、努力する対象は、実はあなたにしか分かりません。

 

もう一つお伝え出来るとすると、「努力する対象」には、あなたの「好き」「わくわく」「やりたい」といった感情が伴っている必要がある、ということです。

 

以下、簡単に説明したいと思います。

 

多くの人が、”まだまだ努力が足りない”と思っていつつも、”なかなか行動に移せない”という状況にあると思います。

 

少し余談になりますが、そもそも「努力」と言っている時点で、あなたは「努力はできません」。
皮肉な言い方ですが、「努力」は、あなたが”努め”続けなければ力は及ばないのです。

 

もっと言うと、努力は、あなたが本心では
「好きではない」
「モチベーションが上がらない」
「特にやりたいとは思わない」
こと(対象)
に対して、そういったストレスを抑えて、我慢して行動する、ということに他なりません。

 

こういう状況では、あなたは”初めは”努力できても、そのうち”努力が苦痛”になり、行動をぱったりと止めてしまうでしょう。

 

 

では、どうすればあなたが「行動し続ける」ことが出来るようになるのでしょうか。

 

実は、先ほどお伝えした「好き」「わくわく」「やりたい」といった、あなたの内なる感情がとてもとても重要なのです。
この感情が伴った対象に注力しないと、あなたは”したくない努力”をし続けて身も心もズタズタになります。

 

と言っても、「好き」「わくわく」「やりたい」という感情が伴ったこと(対象)をどう見つければいいの、と思われることだと思います。
見つけ方は、一筋縄ではありませんが、見つけるための確実なアプローチ(方法)は存在します。

 

この記事では具体的には述べませんが、こちらのサイトの自分の土台を築くというページに、あなたの「好き」「わくわく」「やりたい」という感情が伴ったこと(対象)の見つけ方を、色々な視点でシェアしていますので、是非参考になされてください。

 

時間はかかりますが、あなたが今やっている”努力”が努力と思わなくなり、自然と身体が動いてしまう対象に様変わりします。

 

少し話が逸れたように思われたかもしれませんが、もうお分かりの通り、
【あなたが、”まだ努力(行動)不足”な理由】は、あなたの努力不足をしてきしたいと思って書いているのではありません。

 

あなたが”努力”という言葉を使っていることに、まず改善の余地がある、とお伝えしていて、さらに、行動する以前に「好き」「わくわく」「やりたい」という感情が伴ったこと(対象)を見つけられることをオススメしています。

 

あなたが”努力”し続けている間は、”努力(行動)は不足”し続けます。
あなたの努力が、「好き」「わくわく」「やりたい」という感情が伴ったこと(対象)に対する行動に変わった時に、あなたの行動量は劇的に増えてゆきます。

 

 


【経験談】『五月雨式』で、『圧倒的』な、行動とは
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】


 

先ほど、あなたが努力不足なのは、努力をさぼっている、のではなく、「好き」や「わくわく」、「やりたい」といった対象がまだ見つけられていないから、必然的に努力が出来ていないだけ、ということをお伝えしました。

 

そして、私がまず気づいたら始めていて、継続させてきた「好き」や「わくわく」、「やりたい」を見つけるエッセンス(さらっとでokですので、私の視点を盗んでみてくださいね!)をお伝えしました。

 

その上で、私がどのように『五月雨式』で、『圧倒的』な、行動をしたか、私の【経験談】をシェアして、あなたにより具体的な「行動」のイメージを持って頂ければと思います。

 

初っ端からビジネスの話ではないのですが(笑)、実は私、今から5年前くらいに独りで2か月間のヨーロッパ周遊をしました。
この時の周遊のテーマが【音楽家のショパンの軌跡を辿る旅】、でした。

 

今から思い返しても、なんともロマンティックな旅(、、笑)でした。
私の親に本当に感謝なのですが、幼少の頃より10年間くらい暮らしくピアノを習わせて頂きました。そして中学生の登校時に流れていた曲が、ショパンの”華麗なる大円舞曲”で、その華麗なる魅力に、虜になってしまいました。

 

「あの曲を弾きたい!」とピアノの先生に伝えて、1年がかりで、ようやく弾けるようになりました。最後の発表会でも、”華麗なる大円舞曲”を弾きました。

 

音楽を専門としない私が、さらっと10年間ピアノを習った、と言いましたが、まずはこれくらいの努力はしているんですね(ピアノは今のところビジネスには紐づけていませんが、、)。
そして、ふとピンときた曲を、そのまま放置せずに、何の曲かを突き止め、その足でピアノの先生に「弾きこなしたいです!」と言っているんですね。

 

そこから、毎日ひと小節ずつ練習を積み重ねて、1年後にようやく、自分が表現したかった世界を奏でるに至っている訳です。

 

さらに、この中学の経験から10年後に、ふとした瞬間に、”華麗なる大円舞曲”というあれほど綺麗な曲を描いたショパンはどういう人生を歩んできたんだろう、と思い、2か月間休みをとって、ショパンの軌跡を辿る旅に出ることに決めました。

 

行きだけのフライトチケットを購入して、決めた1週間後には飛行機の中にいました。
行きはショパンが生まれたポーランドのワルシャワイン、帰りはショパンがなくなったフランスのパリアウトと決めて、というより、これしか決めずに行きました。

 

ショパンの曲でもう一つ、”雨だれ”というとても繊細な曲も大好きだったので、ショパンが”雨だれ”を描いたスペインのマヨルカ島までいき、1週間ずーっとyoutubeで”雨だれ”を聞きながら、その時のショパンの心情を妄想し、眼下に広がる景色をぼーっと見ながら、ショパンからどうやって”雨だれ”が生まれたのかに、物思いにふけっていました。

 

このショパンの軌跡をだどる旅は、ビジネスのお話ではないですが、『自分がやりたい!と思った対象については、とことん自分の内なる声を聴いて、それをそのまま行動に移す』ことを、是非やって頂けばと思います。

 

といっても、イメージが付きづらいと思いますよね、ショパンの話だけでは。
勿論、私は別の分野でもこの程度(程度を図ることは難しいですが、、、)は普通にやって、行動をしまくり経験を積んでいっています。

 

例えば、転職する際にとった行動が挙げられます。私は2社目のコンサルから3社目のベンチャーへの転身を決めるまでに、思いついたことは全て実行しました。

 

当時、平日は朝からプロジェクト先に行って仕事をこなして(こなせていなかったのですが笑)、夜まで働いでバタンと倒れるように寝込む生活を過ごしていました。
その中で、「人々の命を救うメディカル」領域が自分のやりたいコトであると見つけて、転職活動を始めました。

 

ベンチャー、しかもアーリーステージのベンチャーに参画しようと決めていたので、転職活動では、単にエージェントを通した引き合わせを受けるだけでなく、自ら攻めてゆきました。

 

例えば、東京で開催されるベンチャー企業が集まるイベントに顔を出して、面白そうなベンチャーの方々との繋がりを持つ、ということは皆さんもされていると思います。
私はそれだけでなく、友達や前職の先輩後輩などの繋がりで、面白そうなコネクションがないかを聞いて回りました。ここまでは、まあ普通に思いつくことですね。

 

同時に、私は大学で優れた研究をしている研究室をリサーチして、片っ端から記載のあったメールアドレスに連絡を入れました。
お返事すらなかなかもらえない中、一人の教授が「お会いしましょう」とご丁寧に連絡を頂きました。

 

確かゴールデンウイークの最終日だったと思いますが、名古屋駅に集合して、そのまま駅ビルのレストランで食事をしながら、研究内容をお伺いしました。
そして、会社を2週間ほどお休みをもらって、その教授の研究室に研修生として受け入れて頂けることになりました。

 

あるウイルスに対する薬剤の併用による治療法を研究されいたのですが、 教授や博士と交じって治療法についてディスカッションするなど、将来の治療薬としての可能性を模索させて頂きました。

 

他にも、高校の先輩とお話する機会を得て、メディカル系のベンチャーに転身を考えている、とお伝えしたところ、その先輩が仕事上で繋がっているベンチャーキャピタルの方を紹介頂く流れにもなりました。

 

当時勤めていた企業は戦略コンサルなので、メディカル系にフォーカスしていた訳ではありません。
ただ、メディカルに興味があり熱意を伝えると、快くインターン生として受け入れて頂きました。

 

私個人と先方の会社との間で、秘密保持契約を締結させて頂き、実際のメディカル系ベンチャーへの投資案件について、ディスカッションをさせて頂きました。
こちらも当時の会社を半月程度有休消化をさせて頂き、みっちりとインターンをしました。後に繋がる、本当に貴重な体験でした。

 

この時点で複数のベンチャーに目星をつけていました。
とはいえまだ完全には決めきれていませんでした。

 

そこで私がとった行動は、平日は経営戦略コンサルの仕事で完全に他の事をする時間も気力もなかったのですが、週末の土日は時間的には余裕がありました。

 

そこで考えたのは、絞った複数のベンチャーの週末コンサルをする、という行為でした。
土曜日の朝から近くのルノアールカフェにコンセントのある席を取り、モーニングセットを2つ頼み、複数のベンチャーに対する戦略を描くためのリサーチをして、相手の期待する以上の価値を出そうと、夜になるまで居続けていました。

 

定期的に、ベンチャーとのディスカッションを行い、会社戦略に基づく営業の進め方を思考し、翌日から動ける行動まで落としこんだりしていました。

 

エージェントだけでなく自分の繋がりも駆使し、さらに自ら研究室やベンチャーでのインターンを申し込んで中に入り込み、その技術やビジネスモデル、また中で働いている人と接し、しかも1社だけでなく複数社に対して同じことを実行しました。

 

就職活動(就活)や転職活動をされている方にも参考になると思いますが、とにかく自分が「こうかな?!」と思ったことに従って、どんどん行動に移すことが重要です。エージェントに頼る、だけの受け身ではなく、自分の興味に従って、どんどん行動し、会社や人で出会い、実際のビジネスを体験し、というところまで行動しきって初めて、あなたに一番適した居場所を見つけることが出来ます。

 

ちなみに上の行動を起こした私は、今はそベンチャーでの働きが評価されて(いると勝手に思ってます笑)、特に場所や時間の縛りはなく、結果を出せばよい、という何とも働きやすい環境を、自らが創り、こうやって平行して専門サイト構築に時間と労力を割けるまでに至っています。

 

 


行動の先にあるものは?
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】


 

先ほどのお話は、あくまで私の行動事例です。全てを参考に頂く必要はありませんが、動き方は参考になる部分はあると思います。
また、何より転職という分野において、「当時私が考えられる全ての事をやりきった」という感覚が持てています。

 

ですので、あなたがもし就活や転職をされる際には、あなたが出来ることは全て出し切った、というところまでやりきってください。

 

これは、終活や転職だけでなく、普段のあなたの仕事や、またこちらのサイトでお伝えしている不労所得の構築においても同じ原理で動いてほしいのです。

 

私が、不労所得を構築するきっかけを与えているとすれば、このサイトで書かれてあることは勿論、その他のサイトも検索頂いて、それぞれの人が言っていることで、あなたがピンときた事項があれば、是非その場で取り組んでみてください。ただし、信頼できそうな方のご意見を聞かれてくださいね、、。

 

そうすると、これまであなたが見ていた景色と、まったく異なる景色が見えることに、気づかれると思います。
今までは、友達が言っていたことを鵜呑みにして、あなたの世界観を創っていたのが、あなた自身の実体験から形作られる世界を生き始めるようになります。

 

そこには、あなた独自の考えが生まれ、あなた独自の考えが生まれると、他人が言っていることに対して自分の意見が持てるようになり、他人の基準で生きるのではなく、自分の考えや基準に沿った、あなた自身の人生を歩めるようになります。

 

どの分野ででも活躍している人は、それ以外の人より圧倒的に行動をしています。
その分、あなたより沢山失敗もしていますし、悔しい思いもしています。

 

それが、人を強くする原動力であり、その経験が人間の厚みを増す、大きな要因です。

 

私は論理的思考を高めるため、経営戦略コンサルに転職した時がありますが、思考は確かに重要ですが、そこには圧倒的な行動量に裏付けられたファクトやエビデンス(証拠)があって、初めて思考が意味あるモノに変化します。
地頭の良さを売りにしているコンサルといえども、自ら行動することを誰よりもやっていました。

 

 


「”五月雨式”×”圧倒的”な行動を習慣に!」するtips
【労働収入の限界】に気づいた幸運なあなたは今すぐに五月雨的な行動をオススメ【体験談】


 

では最後に、私が考える、「”五月雨式”×”圧倒的”な行動を習慣に!」するtipsをいくつかシェアをして、こちらの記事を締めくくりたいと思います。

 

<「”五月雨式”×”圧倒的”な行動を習慣に!」するtips>
■ 些細なことでも、自分で決断する勇気を持つ

私もそうだったのですが、人は自分で「決めきる」という事が苦手なんですね。自分で決断することは、そこには責任が伴いますし、自分に対する負荷もあります。でも私は、こういった責任や負荷をどれだけ自分に課し続けてきたかによって、人の奥深さが異なってくると思っています。という話は置いておいて、兎に角、どんなに小さなことでもいいので、まずは自分の中で決断する、勇気を持たれてください。レストランに行って食事のメニューを選ぶ時でもすぐに自分の食べたいものを言う、などといったことからでもokです。行きたい大学の意思表示をする、入社したい企業を自分で決める、やりたい仕事を自ら伝える、という事でokです。自分で決断して選択することが出来れば、自分の中に迷いがなくなり、瞬時に行動できるようになります。

 

■ 行動は、思考に勝る

私の経験から、思考をするより行動から得られた知見の方が、多いし価値あるモノだと思っています。それは、思考はあくまで今あなたが得ている知見の中での思考で、良くて思考の枠を超えた妄想はできても、実際に行動に移すた時に得られる知見を超えることはあまりないと思います。妄想を否定しているのではなく、あくまであなた自身のオリジナルな知見を得て、次の人生ステージにステップアップする際には、思考より行動の方が、効果がある、とお伝えしています。

 

■ 思考は初めの30分と決めておく

とはいえ、やっぱり最初に計画を立てておきたい、という方の気持ちも分かります。行き当たりばったりの行動は、時には良くないこともあることも事実です。では、その時私はどうしているかと言うと、『初めの30分、思考しきって、それ以上は考えない』ということをやっています。人の思考って、今持っている知見をベースに考えるので、限界があるのですね。なので、30分も真剣に考えて、出てきた答えが、おそらくあなたの8-9割の答えなんです。勿論、1時間や半日1日考え続けてもらっても良いですが、おそらくそれほど答えに深みは出てこないでしょう。私は、思考のドツボにはまった経験があり、その思考第一主義においては、全てのリズムが狂った経験があります。どんなけ考えても、一向に満足する解を得られない自分に対する苛立ちです。。。それを経験して初めて分かったのは、まぁ自分の思考なんてそんなもんかな、ということです。それより31分目からは行動してみて、新たな知見を手に入れた方が、よっぽど効率的に成長できます。

 

■ 行動しない自分を年単位で続けてみて、何も変わっていない自分を憐れ見る

上の3つのtipsを知っても、まだ行動に移せない方は、どうぞ数年行動せずに、ぼーっと過ごしてみてください。そこでまだ、行動に移したくない方は更に2-3年を行動せずにいてください。周りはどんどんオリジナルな経験を積んでゆきますので、その差が歴然と出てきますので。その状況に耐えられなくなった方は、行動に移すでしょう。それでもまあいっか、と思う方は、そういう人生なのだと思いますので、また気が向いたらこちらのサイトを覗いてみてください。

 

■ 自然と行動できる「好き」を見つける

そして最後に、再三お伝えしていることですが、やはり行動にはあなたの「好き」や「やりたい!」といったアグレッシブな感情が伴って初めて出来るものです。それも、自分から行動せねば、というネガティブな感じではなく、『自然と動いている』といった状況になものです。そういう状況でなく、無理くり自分を動かしている場合は、またその行動の先にあるモノが、あなたの好きなことではないので、もっとあなた自身の「好き」を探求されて頂ければと思います。必ず、あなたの「好き」に出会えて、行動欲求が抑えられなくなりますから(笑)。

 

 

人気記事:
【サイト作成ソフト:SIRIUS ←私の体験談を記載しております。こちらのサイトのように、素人でも綺麗にサイト構築が出来ますのでオススメです。この瞬間に行動に移されるのが良いと思います。約2万円の初期投資であなたオリジナルなサイト構築が出来ます。これからのビジネスはスピード命、です。】

 

 






 
トップへ戻る